てぃんさぐぬ花(鳳仙花)

「てぃんさぐぬ花(鳳仙花)」
テーマ部分の弓でメロディを弾きながら弦をはじいて伴奏する編曲(1993年)をきっかけに「ヴァイオリンのための琉球民謡器楽=琉球ヴァイオリン」が生まれました。
このライヴでは6弦ヴァイパーとループ・ステーションを使ったアドリブ・パートをはさんでいます。

“Tinsagu nu hana (the balsam flower)” is a Ryukyuan (old Okinawan) traditional children’s song.
Oshiro, Atsuhiro added a left hand pizzicato accompaniment representing the Sanshin (Ryukyuan traditional instrument) to this melody in 1993.
He played the 6-string viper with a loop pedal, and improvised the middle part of the tune in this gig.