Vol.4 「ヴァイパーのチューニング」

今回のは答えやすい(^-^)

「6弦だから、チューニングはやっぱりギターと同じ?」

見た目からか、ライヴのたびにお約束のように訊かれる。(^.^)

少々飛びそうな形をしているけれども、これはヴァイオリン。
6弦ヴァイパーのチューニングは高い方からEADGCF。

ヴァイオリンよりも下に2本多いけれど、全て同じ間隔(五度)になっているので感覚はヴァイオリンそのまま。5オクターブを超える広音域。

※参考に、普通の4弦ヴァイオリンのチューニングはEADG。
ギターのレギュラーチューニングは高い方からEBGDAEです。

6弦ヴァイパーをギターチューニングで弓で弾くギタリストもいるとのことで、
ヴァイオリンの発想とはまた違うフレーズが生まれそうでそれも面白いかもしれないなぁ。(^◇^)

※補足
ヴァイパーは4~7弦から選ぶことができ、
4弦ヴァイパーはヴァイオリンと同じEADG。
5弦はヴァイオリン+ヴィオラのEADGC。
7弦はEADGCFにB♭が加わりチェロを飛び越えてコントラバスの音域まで出せます。